2018年に第一回開催となる新横浜花火大会。

 

会場となる新横浜公園全体ならびに日産スタジアムの一部に有料観覧席が設けられます。

他の花火大会は大部分の無料席と少数の有料席、という場合が多いですが、アクセスも良く人気となりそうな花火大会だけに、混乱を抑えるためになのか、メインが有料席となっていますね。

 

今回はそんな有料観覧席情報についてのまとめと、花火大会開始前に行われるマイファスのライブは有料席から見えないのか?などについてです。

 

⇒その他の新横浜花火大会関連記事のまとめページはこちら

スポンサーリンク

新横浜花火大会の有料席はどんなの?桟敷席って?

新横浜花火大会の有料席には以下の種類があります。

 

【桟敷席A】

4名席 1メートル角シート4枚付き

8,000円(1人あたり2,000円)

 

【桟敷席B】

1名席 1メートル角シート1枚付き

3,000円

 

【日産スタジアム4階リング通路(ガーデンテーブル席)】

4名席 テーブル席

16,000円(1人あたり4,000円)

 

【特設ライブエリア席】

オールスタンディング

3,500円

 

【法人スポンサー席】

6名席 テーブル席

50,000円(1人あたり8,333円)

 

いずれも小学生以上はチケットが必要。

保護者の膝の上に座る場合に限り、乳幼児はチケット不要です(ただし席を必要とする場合はチケット要)。

 

桟敷席には1人あたり1メートル四方のシートが配られ、それで場所取りをすることになっています。

(有料席も全て自由席のため、当日の場所取りは必要です!)

 

このシートがどの程度しっかりしたものが配られるのかわかりませんが、あくまで場所取りできる広さの目安として使えば良いと思われますので、気になる方は手持ちのレジャーシートの上に配布されるシートを貼るなどして使えば良いかもしれません。

 

桟敷席の種類は2種類あり、芝生の「草地広場」が桟敷席A、コンクリート敷きの「バスケットボール広場」と「スケボー広場」が桟敷席Bとして設定されています。

 

どちらの座席でも当然花火は良く見える場所ですが、桟敷席Bの方が舗装されている分、当たりはずれ(地面のコンディションとか)はないでしょう。

普段のバスケットボール広場↓

普段のスケボー広場↓

それぞれの画像の手前の方が花火打ち上げ方向です。

高架道路下に配置されている広場なので日陰部分も多いですが、この写真に写っていない部分に屋根がない場所もあります。

 

当日この広場の全体が開放されるのかわかりませんが、日陰になる場所が開放されるとすると炎天下の場所取りは少し楽かもしれませんね。

ただし手前の日なたになっているところ(なるべく前)の方が、前の人の頭などを気にせずに鑑賞できるので、どちらを取るかというところです!

 

有料観覧席チケットは2018年は6月8日から販売開始したのですが、1ヶ月後くらいにはガーデンテーブル席は完売していました。

ちなみに7月1日23:59までは先行販売特別利用料が別途かかります。。

 

結構高いけどやっぱり売り切れるんですね!(´∀`;)

 

桟敷席のチケットについては、2018年大会は開催直前まで若干の残りがあるようです。

また、残席がある場合、当日券も販売するようです。

 

無料観覧席も日産スタジアム内に設けられますが、一部花火が見えにくい場所もあるようなので、確実に迫力ある花火を見るなら有料観覧席購入が間違いがないようですね。

 

新横浜花火大会の桟敷席ってライブは見える?

2018年の新横浜花火大会では打ち上げ開始一時間前から、MY FIRST STORY.のライブが行われます!

 

マイファスのライブはオールスタンディングのライブ席で見られますが、ここはその他の有料観覧席からは見えない位置にあります(´∀`;)

 

会場案内図ではすぐ隣に位置するように見えますが、間にある高架の車道に阻まれますので、まずライブの様子は見えません。

 

まあもちろん音は聞こえると思いますが・・・

ライブパフォーマンスを見たい場合はライブ席一択ですね。

 

ちなみに桟敷席との間の高架道路ですが、ここからならライブ特等席か!?というとそんなうまい話はなく・・・

ライブ会場側には歩道がないので、覗き見は難しくなっております(´∀`;)

 

まあ、ライブも花火も歩道で立ち止まって見ると通行の妨げになりますし、トラブルの元になりますのでやめておきましょう(´∀`;)

スポンサーリンク

新横浜花火大会有料席情報まとめ

新横浜花火大会はその他の花火大会と違って、有料席がメインとなります。

また、ライブも見てそのまま花火が見られるライブエリア席はかなりお得感がありますね(立ち見ではありますが。)

 

平日開催ですし、一日場所取りに費やすことが難しい方も多いと思うので、有料席をうまく利用して花火を快適に楽しんでください(*´▽`*)

 

以上参考になりましたら幸いです◎

 

新横浜花火大会のその他穴場などについての記事は

こちら⇒【新横浜花火大会 関連記事まとめ】

 

スポンサーリンク